2017年5月28日日曜日

情報機構「研究開発動向と活用事例から学ぶ生体計測の基礎」で講師を務めました

5月26日(金)に,川崎市産業振興会館において,株式会社情報機構のセミナー「研究開発動向と活用事例から学ぶ生体計測の基礎」で講師を務めました.

今回の受講者は4名と少なめでした.

最近はセミナーの受講者は少ない状況ですが,少ないは少ないで密な議論ができるので,結構楽しかったりします.

基礎的な事項ということを売りにした講座なのですが,結構基礎知識を身に付けておられる方も多いので,質問も鋭いこと.こちらももっと勉強せねば,という気持ちになります.

しばらくはセミナーがお休みで,次は7月3日(月)に株式会社テックデザインの主成分分析・因子分析のセミナーとなります.


2017年5月23日火曜日

本学でパーティクルフィルタ研究会を開催しました

日本工業大学の生駒哲一教授が主催しているパーティクルフィルタ研究会という研究会があります.
私は昨年1月から参加するようになって,それ以降,可能な限り毎回参加しています.非常に居心地が良い研究会なので.

そして5月の研究会は愛知工科大学で開催することとなり,多くの方に参加頂きました.

ITS研究所の見学,本学板宮研究室のAR/VR災害体験アプリの見学会の後,本学教員・学生をメインとした講演会が行われました.

「チュートリアル:超わかる!図解パーティクルフィルタ」 生駒 哲一(日本工業大学 教授)
「場面遷移ネットを用いた離散・連続混合システムのモデリング」 舘山 武史(愛知工科大学 教授)
「損傷モデルに基づいた信頼性・保全性理論の動向」 水谷 聡志(愛知工科大学 准教授)
「IoTモノづくりとアート作品「しなやかな次元」との融合」 ○安井健人・稲垣彰一朗・瀧谷悠・杉森順子・荒川俊也(愛知工科大学)

非常に面白い発表を聞け,良い機会を頂いたと思っております.








2017年5月13日土曜日

技術情報協会「ドライバ視線・視覚特性とその評価、車載HMIへの応用」で講師を務めました

最近セミナーの仕事はやや少ないのですが,久しぶりに講師を務めました.

株式会社技術情報協会の「ドライバ視線・視覚特性とその評価、車載HMIへの応用」で講師を務めました.

東北大学の塩入先生,北里大学の川守田先生と私の3名のオムニバスセミナーでした.

塩入先生,川守田先生のような学術的な話とは異なり,やはり技術者出身ということもあり,私の話はどちらかというと実践的な話となりました.
ちょっと色合いが違っていたので,受講されていた方はどう感じたのでしょうか,少し気になります.

最近,生体計測や自動運転関連のセミナーは少し人が集まらない様子です.セミナーの集客の状況から,どんな分野がトレンドなのか,というのも把握できて,なかなか興味が持てます.

2017年5月1日月曜日

サイエンス&テクノロジー社から「生体データ活用の最前線」が出版されました

サイエンス&テクノロジー株式会社より,4月27日に,「生体データ活用の最前線」というタイトルの書籍が刊行されました.

この書籍の第7章,第1節に,「ドライバーモニタリングのニーズとドライバー状態検出・推定手法」というタイトルで論文を書いています.

今後ニーズが高まってくるであろうドライバーモニタリングシステムの概論と,荒川研究室で開発したシステムについて説明しています.機会がありましたら御覧ください.